2015年8月17日月曜日

BABYMETAL at SUMMER SONIC 2015


今年もサマソニに参戦してきました。
幕張メッセの方です。
もちろん、目当てはBABYMETAL。そしてChemical Brothers。加えて、Man with a mission(以下MWAM)とFear and loathing in Las Vegas(以下ベガス)。 
ベビメタは昨年と同じくらいの入りだったような気がします。
わたしは真ん中のPAエリアのすぐ後ろにいましたが圧縮などはまったくなく、のんびりと観覧することができました。途中で入場制限がかかったらしいですが、終演間際にはマウンテンステージが人大杉だったことは実感できました。人大杉であまりベビメタの姿を観ることはできなかったのですが、音は昨年よりよかったし、なにより「ウキウキミッドナイト」が聴けるとは望外の喜びでしたwww
ベビメタのパフォーマンスはいつものごとく完璧で言うことなしです。
でもこういう広大なアリーナで観ることはもうないだろうなと思います。
あまり何も見えないのですよ・・・かといってモッシュしたり走り回ったりもしないし・・・。じっくりスタンドに座って観たいですwww
ということで来年のサマソニではぜひマリンステージ(QVCスタジアム)でやって欲しいです。よろしくお願いします。
初日のマリンステージのトリは、目当てのケミカル・ブラザーズでした。どれくらい人が入っているのだろうかと思いましたが、これがほぼ満員。アリーナはもちろんスタンドもほぼ満席で、ケミカル・ブラザーズの日本における知名度の高さにびっくりしました。
いやでも単に初日のトリということで何も知らずに集まった輩も多いような気もしますが・・・ケミカル・ブラザーズがこんなに人気があってはいけないような気もしますww
下にわたしがiPhoneで撮影したケミカル・ブラザーズのステージをちょっとだけ貼っておきます。雰囲気だけもわかっていただければ。今回のケミカル・ブラザーズのステージはSonarのステージの完全再現ということですので、そのSonarのyoutube動画も貼っておきます。
とまれ、ケミカル・ブラザーズは最高でした!

video


2日目は、MWAMとベガスを目的にしており、昼間はまあぶらぶらとしてましたが、な、なんとMWAMとその後のnothing but thievesというバンドの順番が前日配布された予定表とは変更され入れ替わっていたのです。
わたしはそんなことまったく知らずに、そろそろMWAMを聴きに行こうかなとマウンテンステージに近づいていくとなんかカッコいい音が聴こえてくるので、nothingなんとかもいいバンドだなあと思ったりして、で、マウンテンステージの演奏が終わって出てくる人がめちゃくちゃ多かったので、nothingなんちゃらって人気あるんやなあと感心してしまい、で、MWAMの演奏を待つためにマウンテンステージに入ったところ人がまばらで、えっ、MWAMってこんなに人気ないんやとびっくりしたりしたのですが、いよいよステージが始まってそこに登場したのは、nothing but thievesで、びっくりというかどっちらけというか、ここにきて初めてさっきのバンドがMWAMだったんだと気付いた次第で恥ずかしい限りでした。ただ、この順番入れ替わり情報はやはり知らなかった人も多かったみたいで、nothingなんちゃらの演奏が始まるやいなやかなりの人が退場していく姿が見えました。これはnothingなんちゃらにとっては可哀想です。ですからわたしはもうちょっとかれらの演奏を聴きました。ということで、MWAMは聴けず。残念・・・・。
気を取り直して、夕方には昨年に引き続きベガスをレインボウステージで観てきました。
ベガスは昨年はマウンテンステージだったので、格落ちした感じですが、しかし、レインボウステージの方が身の丈にあったというか、いい感じではじけていて昨年のパフォーマンスより今年のほうがずっと良かったです。実際の写真とアニメ「寄生獣」の主題歌になった「Let me hear」のPVを貼っておきます。来年早々に、武道館単独公演を予定しているとのことで今後もがんばってほしいです。



で、最後に思いがけない出会いを。
2日目のマウンテンステージのトリをとりあえず観に行こうと思い、行ったところ黒人バンドのタイトなジャズ・ロックで、わたしにはちょっと合わないので仕方なく隣のソニックステージ(やや小さいステージ)に移るとそこから聴こえてきた音が素晴らしかったのです!!
ボーカルは、なんとなくイエスのジョン・アンダーソンを彷彿とさせます。
それよりなにより流れ聴こえてくる音楽は紛れもないプログレなのです!!
すべてプログレ!!間違いなくプログレ!!
バンドの名前もわからないままに、その素晴らしい音に身を任せて聴いているうちにどんどんと時は流れ、あっという間に最後の曲になりました。いったんバンドのメンバーが皆ステージから消えたので終わったのかと思ったのですが、前の方の観客がまったく動かなかったのでまだ続きがあるんだろうと思い、待っていると確かにメンバーの幾人かが出てきて音を奏で始めたのでした。で、途中から低音パートが加わり、音が厚みを増していき、そしてステージのバックスクリーンには楽器を演奏する奇妙な姿の人形やらぬいぐるみのアニメが現れ、それらは音の洪水とともに疾駆していく。
うわああああああああああああ!!!!!!!!!!
なんじゃこりゃあああああああ!!!!!!!!!
ブラザークウェイの人形みたいのがいる!!!!
岸田劉生の麗子像みたいな人形もいる!!!!!
うわああああああああああああ!!!!!!!!
すげええええええええええええ!!!!!!!!
まさに圧倒されました!
こんなバンドがいたなんて!!
今まで知らなかったなんて!!
まさにわたしにしてみれば奇跡の邂逅でありました!
ありがとう、MEW!

MEWはデンマークのバンドで、サマソニには2003年から何度も出演しているようです。
一応、オルタナティブ・ロックのジャンルに入っているようですが、わたしが昨日観た聴いた音は紛れもないプログレッシブ・ロックでした!
下に当日の写真と最後の曲(それもバックスクリーンに写った映像そのままが流れる動画)を貼っておきます。曲は、4分過ぎからが圧巻です!!付け加えておくとライブの音源の方がもっと分厚くて迫力がありました。


昨年のベストアクトはブンブンサテライツでした。
今年はケミカル・ブラザーズの予定でしたが、思わぬ出会いで、MEWに決定です。
下には一日の最後にマリンステージで打ち上げられる花火の写真を貼りました。
まあしょぼいです。
花火はやはり琵琶湖の浜大津花火大会が間違いなく世界一です。